Menu Links
Photography: Sachie Abiko

少年たちの遊泳場から、夜は大人のバーに|Mannerbad Schanzengraben

前述のFrauenbadiとは反対に、こちらは照れ屋な男性のためのリド。大通りから一本入った路地裏にあり、白い漆喰の壁は街路樹で半分隠れていて、たたずまいからして   »STORY

夜のライブで盛りあがるリド|Seebad Enge

日が沈むと、チューリヒのプールサイドはまた別の表情を見せる。FrauenbadiやSchanzeng   »STORY

MOROCCO

オアシスのキャンプ場|砂漠の夜

夕方からラクダに乗って、砂漠のなかにあるオアシスにつくられたキャンプ場に向かう。たった2時間とはいえ   »STORY

MOROCCO

音楽の村へ|モロッコ・砂漠の昼

でこぼこの砂地の道を走り、タマネギやアルファルファなどが植えられた小さな畑や四角い土の箱のような家が   »STORY

女性専用の南欧風リド|Frauenbadi|スイス

男性の前で水着姿になるのはちょっと気恥ずかしいという、奥ゆかしい女性のための専用リド。湖とリマト川の   »STORY

現代建築の屋外プール|Letzigraben

ル・コルビュジエ、マリオ・ボッタなど、スイスは著名な建築家を数多く排出してきた。Letzigrabe   »STORY

アクティブ派向きの天然プール|Flussbad Oberer Letten

リマト川をそのまま遊泳場にした、さしあたり天然の流れるプールといったところ。チューリヒ湖に流れこむ手   »STORY

チューリヒ湖を泳いでどこまでも|Seebad Utoquai

湖畔にはスイス最大の都市チューリヒがあるにもかかわらず、飲料水にもなるほどの透明度を誇るチューリヒ湖   »STORY

PAPERSKY Interview | プラントハンター 西畠清順

プラントハンターとして世界中を旅する西畠清順さん。年に12〜15カ国をまわり、現地でなければ手に入ら   »STORY

SWISS

アーレ川の美しい水とともに暮らすベルンの人々

恐ろしい形相の鬼が、子どもたちを捕まえ、口のなかに放りこむ─。およそ公共の建造物のモチーフとは思えな   »STORY

MOROCCO

モロッコ南部にしかない貴重なアルガンオイル

マラケシュからエッサウィラに向かう道の途中、雄大な草原にブロッコリーのような木がポコポコと並ぶ不思議   »STORY

SWISS

マッターホルンを眺めながら山上湖ピクニック

澄みきった青空に、角のように切り立ったマッターホルンの頂がよく映える。19世紀から世界中の登山者たち   »STORY

SWISS

スイスのパスーガー社で、ミネラルウォーター工場見学

古代ギリシャの時代から、西欧では水が湧きでる泉を神聖な場所として大切にしてきた。アルプス山系の水脈に   »STORY

SWISS

ヌーシャテル湖に浮かぶ、リッチな湖上コテージ

ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語と、スイスには4つの言語圏があるが、言語圏が変わると、   »STORY

SWITZERLAND

「癒しの水」を求めて人々が集った歴史ある保養地、リギ山

ルツェルン湖の正式名、フィアヴァルトシュテッターゼーとは、直訳すると「4つの森の州の湖」。表面積が1   »STORY

SWITZERLAND

ルツェルンの古い街並みが生む水の風景

ルツェルン中央駅から旧市街地に向かって歩くと、ロイス川を斜めに横切るように架けられた木造の橋と、中世   »STORY

SWISS

スイスの旅のパートナー 早見あかりさん

「スイスはどこにでも水があるし、しかもすごくきれいな水なんですよね」。あかりさんは、スイスの印象をこ   »STORY

MOROCCO

サハラ、遊牧民のライフスタイル|砂漠の朝

モロッコのもうひとつのライフスタイルを探しに、サハラにある街メルズーガを目指した。メルズーガにはサハ   »STORY

MOROCCO

職人たちの立てる音が響く集合工房

モロッコのメディナには、行商用の宿だった建物を複数の職人たちが仕事場として使っている共同工房がいくつ   »STORY

  • Papersky iPad iPhone