Menu Links
Cameron Allan Mckean

緑、水色、くすんだ茶色、黒色の洪水|入谷朝顔 (3) 雨間秀浩

東京では昔、河川が毎年のように氾濫し、そのたびに下町が泥の海と化した。これは草、野草、多肉植物、樹木などの植物の生育にとってすばらしい環境となった   »STORY

Cameron Allan Mckean

焼野原の後に開いた花|入谷朝顔 (2) 長恒男

1945年3月の東京大空襲は、一面を焼野原に変えた。残ったのは車や遺体の残骸と、黒焦げになった柱や梁だけだった。B-29爆撃機の編隊が積んできた焼夷弾を落とし   »STORY

Cameron Allan Mckean

朝顔を愛して止まない文化の始まり|入谷朝顔 (1) 半谷善之

毎年、7月6日から8日の3日間、東京の下町、入谷では、夏の風物詩のひとつ、朝顔市が開催される。この地は、江戸末期から明治にかけて、何軒もの植木屋が軒を並べ   »STORY

  • Issues Slider

  • soundtrack

    sound_banner

  • Papersky iPad iPhone