Menu Links
  • papersky book club

お金が変わって暮らしが変わる|PAPERSKY book club

, 2018/10/01

旅行の準備で何が変わったかといえば、お金と携帯電話だろう。昔はトラベラーズチェックなるものがあって、事前にいくら分T/Cにするか頭を悩ませたものだ。それがクレジットカードになり、現地のATMで現金が引き出せるようになって、最近は事前の両替すらしなくなった。携帯電話も十数年前は旅行先で持つなんて考えすらなく、出発前に「○月◯日まで留守にします。ご用の方は〜」なんてメールを送ったりして旅行に臨んだものだ。海外用の携帯やモバイルWIFIを空港で借りる時代を経て、今では現地の空港でSIMだけ買って差し替えればいつもと同じiPhoneを使えるようになった。当たり前だと思っていたことがいつの間にか変わっていて、あっという間に昔の不便だったことなんて忘れてしまう。

アフリカ、モザンビーク共和国の小さな農村で「収益分配型モバイルバンク」と呼ばれる事業を行う著者は、もともと植物油からバイオ燃料を扱うビジネスを行っていた。バイオ燃料を使ってもらうために、無電化地域の村にキオスクのような小売店をつくることにした。充電式のランタンを貸し出したり、冷やした飲料を売ったりして発電した電気を使ってもらうのだ。しかしそのキオスク、現地のまじめそうな人を雇っているのに、なぜか毎月お金が足りない。問いつめても「妖精が持っていったんじゃないか」と言われる始末。

そこで導入したのが電子マネー。フィンテックでスマホでって流行りのやつじゃない。前払いでデポジットしたカードを住民が持ち、suicaのようにPOSレジにタッチして精算するという単純なもの。レジの金額は合うようになったが、意外なことにそのデポジット制を利用して貯蓄をする人たちが現れた。これまでは何時間も歩いて銀行のある町に行って預けに行っていたのが、キオスクで入金でき、お金を安全に保管できるようになったのだ。それだけではない。貯蓄と情報が集まると、信用が生まれ、お金を借りることもできるようになる。「お金」のルールが変わったことで、人の生活が変わってきたのだ。さらにいうと、世界には約20億人もの同じような境遇にいる人たちがいるという。

彼のような人がいて、いつの間にか当たり前が変わっていくのだろう。

20億人の未来銀行 合田真 日経BP社

>> PAPERSKY #57 MEXICO, OAXACA|Food & Craft Issue

Tags:









MOROCCO

モロッコのオーガニックハーブからつくるスキンケア

太陽の光を受けていきいきと育つハーブたちは、輝くような生命力に満ちていた。ラベンダーはまだ蕾もついて… »STORY

MOROCCO

オアシスのキャンプ場|砂漠の夜

夕方からラクダに乗って、砂漠のなかにあるオアシスにつくられたキャンプ場に向かう。たった2時間とはいえ… »STORY

山で見つけた、謎のスパイス 45épices|PAPERSKY food club

前々回のコラムでクスクスのお話をした、モロッコの旅。その旅には他にも目的がありました。モロッコの中北… »STORY

クスクスの美味しい蒸し方 |PAPERSKY food club

この10月、3年ぶり4回目のモロッコへ行ってきました。今回は1ヶ月の長い滞在でしたが、特に予定も入れ… »STORY

MOROCCO

音楽の村へ|モロッコ・砂漠の昼

でこぼこの砂地の道を走り、タマネギやアルファルファなどが植えられた小さな畑や四角い土の箱のような家が… »STORY

脳内モロッコトリップができる調味料“HARISSA”|PAPERSKY food club

ここ最近、ずっとつくり続けている調味料がある。北アフリカ料理ではよく使われている「HARISSA(ア… »STORY

naiad story vol.4 アルガンオイル 自然と人とのつながり

アルガンの木はモロッコのみで生育する植物で、シアバターで知られるシアの木と同じアカテツ科の樹木。7~… »STORY

モロッコ料理の名脇役|PAPERSKY Food Club

モロッコ料理に欠かせない伝統的な調味料にプリザーブドレモンがある。甘いジャムではなくて、たっぷりの塩… »STORY

naiad story vol.2 ガスール 大地からのおくりもの (2)

モロッコを原産とし、肌や髪をうるおすスキンケア素材として、古くから愛用されてきた粘土「ガスール」。今… »STORY

PAPERSKY読者限定、ナイアード「ガスール」プレゼント

モロッコの大地が生んだ、肌を潤す粘土「ガスール」。暑い夏の日差しでうっかり日焼けしてしまった肌のケア… »STORY

naiad story vol.1 Ghassoul ガスール 大地からのおくりもの (1)

地中海と大西洋に面した北アフリカの国、モロッコを原産とし、肌や髪をうるおすスキンケア素材として、古く… »STORY

MOROCCO

モロッコ南部にしかない貴重なアルガンオイル

マラケシュからエッサウィラに向かう道の途中、雄大な草原にブロッコリーのような木がポコポコと並ぶ不思議… »STORY

MOROCCO

職人のワザが光るモロッコの伝統菓子

結婚式や特別なお祝いのとき、モロッコではアーモンドと小麦粉と砂糖がベースのシンプルで小さな焼き菓子が… »STORY

思わず、モロッコ郷愁 ‘Food Trip’ in Morocco

12月中旬のさわやかな晴天の東京で、ニーハイメディアの事務所兼アトリエにてモロッコ料理教室「Food… »STORY

MOROCCO

サハラ、遊牧民のライフスタイル|砂漠の朝

モロッコのもうひとつのライフスタイルを探しに、サハラにある街メルズーガを目指した。メルズーガにはサハ… »STORY

MOROCCO

CARAVAN|刷り込まれた価値観が、剥がれていく瞬間

幼少時代を南米ベネズエラの首都カラカスで過ごすという一風変わったルーツを持ち、その後も転々と放浪生活… »STORY

MOROCCO

砂山を滑る、サンドスキー|和田好正

雪の代わりに砂の斜面を滑る、サンドスキーというスポーツをご存知だろうか。目の前に広がるのは、真っ白な… »STORY

MOROCCO

職人たちの立てる音が響く集合工房

モロッコのメディナには、行商用の宿だった建物を複数の職人たちが仕事場として使っている共同工房がいくつ… »STORY

MOROCCO

モロッコのライフスタイルに触れるショップ「MICHI」

何世紀にもわたって、南アフリカから、アラビア半島から、ヨーロッパから異国の文化が流れついてきたモロッ… »STORY

MOROCCO

モロッコ、インスピレーションの宝庫に迷いこんで(No.26)

およそ100年にわたって、アフリカ人、ベルベル人、ユダヤ人、アラブ人、ヨーロッパ人が互いに調和しなが… »STORY

MOROCCO

有元くるみさん、モロッコのマーケットで

茅ヶ崎にて洋服・雑貨の店「griot」(グリオ)を主催する、有元くるみさん。数年前からモロッコ・マラ… »STORY

place
モザンビーク共和国
  • world & japan maps

    worldmap_banner_s

    japanmaps_banner_s

  • Papersky iPad iPhone

  • soundtrack

    sound_banner

  • mizuno

  • peakperformance

  • URD Craftsman Series

    urd-craftsman-banner

  • Lee Riders

    leeriders

  • green label traveling partner

  • tour-de-nippon

  • luca-mon

    lucamon-banner

  • Hike & Bike

  • globe walker OLD JAPANESE HIGHWAY

  • cyclemaps

  • PAPERSKY VIDEO

    paperskyvideos_banner

  • tourcolumn banner_03